漫画レビュー「新川直司 四月は君の嘘 全11巻」泣ける。涙なしには読めない感動作

  • URLをコピーしました!

漫画って音を表現するの難しいのにまるで聞こえてくるようです(楽曲は全然しらないから気のせいなんだけどね)

ピアノを弾けなくなった天才ピアニスト有馬を天真爛漫なヴァイオリニスト宮園かをりちゃんとの偶然(?)の出会いから動き出して聴く物語。

いろいろ苦悩しながらピアノを弾いいていく姿。ライバルたちの苦悩。恋愛の苦悩。青春してるな〜っていいな〜って思います。最後は重い話になっていきます。そして最終話全ての繋がり、題名の意味がわかります。

自分的に一番好きだったのは、凪と有馬の連弾の所です。何回読んでも、かをりちゃんってかわいいですね〜。アニメもあるみたいですね。漫画のあの空気感、緊張感を再現できているのか?見てみたい気がします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる