漫画レビュー 「かわぐちかいじ ジパング 全43巻」自衛隊がタイムスリップ

  • URLをコピーしました!
目次

自衛隊が昔の戦争に介入できたら歴史が変わっちゃいますね

前作「沈黙の艦隊」の次の作品。超ヒットした「沈黙の艦隊」もちろん私も大好きで、当時モーニングを毎週購入して読んでました。

最初に連載された時に思った印象がまた自衛隊もの?今度は船か?タイムスリップ?いまいち好きになれませんでした。なので一旦読むのを止めました。

その後何年たったか記憶にないですが、連載終了してすべての単行本が発売。当時お金を持っていなっかったので漫画喫茶で一気読み。とんでもない衝撃を受けました。チョー面白かった。

さすがに43巻一気読みすることはできなかったけど、続きが気になって仕方なく二日連ちゃんで満喫に行き読破した記憶があります。その後も無性に読みたくなりたまに読んでるんだけど、何回読んでも面白い!

 

ストーリーは簡単に言うと現在の最新イージス艦「みらい」がタイムスリップ。戦争中の過去に行ってしまう。そしてある男を助けてしまったことにより事態が急変してくる。補給やら、日本軍を助けるかどうかやら結局深く歴史に介入してしまう。当然未来から来た乗組員は未来を知っているので有利に進められるが、有限の武器なのでどんどん少なくなっていく緊張感。次々に破壊されていく「みらい」。衝撃的な結末が待ってます。

旧式の軍艦vs最新イージス艦って構図が面白いですね。軍艦とか詳しくないのですが、リアリティある漫画で引き込まれていきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる