バークレイズ プレミアリーグ 15-16シーズン テレビ観戦記 第5節

  • URLをコピーしました!
目次

第5節やっと観戦終わりました

録画してある試合を視聴するの大変。やっと5節全て視聴終わりました。

大丈夫か?チェルシーがんばれチェルシー

チェルシーのオーラの無さが心配でなりません。今節もチグハグ。結局エバートンに1:3とボロ負け。選手は精神的にもキツくなってくるんじゃないの?もっとシュートをミドルからでも打てばいいのにね。

今週のビッグマッチ「マンUvsリヴァプール」

楽しみな一戦でした。不調っぽいマンUと主力不在のリヴァプール。珍しくマンUが圧倒しましたね。

絶好調のマンCはやばくないか?

アグエロが膝を蹴られて速攻で退場。明らかに攻撃力が低下しているのがわかりました。前半ベンチにいたから長期離脱はないと思いますが、アグエロの存在の大きさを改めて思い知らされました。それでも勝ってしまうところがすごい。

大逆転のレスター

レスターの勢いがすごいですねー!岡崎スタメン。アストンビラにミスから2点失って、今節はさすがにダメかな?と思ってたけど、後半怒涛の攻めでまさかの逆転勝ち!驚きました。ただ、後半岡崎が交代してから勢いが良くなったことが残念です。今回はトップ下での起用だったから機能してなかったのかな?もうちょっと活躍してほしいですね〜。しかしレスターの攻めの意識半端ないですね。トップのバディ?選手めっちゃ早いよ。来季はビッグクラブからオファー沢山来るんじゃない?

アーセナル戦は記憶から無くなりました

なぜでしょう?昨日6節のアーセナル見たからかな?印象に残ってるのはストークの攻め。昔みたいに大味なサッカーじゃなくなりましたね。パスサッカーになっててびっくり。あの昔のスタイル好きだったけどな〜。監督変わるとスタイル変わるんですね。しかしシャチリ選手のゴツいですね。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる