コスパが悪くなってきたので「LINE MOBILE」解約から「LINEMO」契約

  • URLをコピーしました!

当時Instagram、LINE、Facebook、Twitterとデーターフリーで契約した「LINE MOBILE」が最近とてもコスパ悪くなってきたので解約しました。大手キャリアで選択したのがSoftBankの「LINEMO」です。各社の「docomo」「au」「SoftBank」「楽天モバイル」の激安プランの特徴を紹介します。

目次

各社特徴のあるプランなので自分に合ったものを見つけよう

docomo「ahamo」(たくさんデータを使う人におすすめ)

20Gで2,970円/月(税込み)通話は5分間までの通話し放題。データ通信メインで長電話をしないのであれば最適のプランですね。娘が契約しているんですが、インスタとか動画とか結構見てるんですが、月終わりには使えるデータが足りないと言ってます。20Gでも足りないみたいです。大盛りにするか検討中です。

契約するときに、Apple Watchのセルラー版が使えないと言われたのでWi-Fi版を購入してました。

データ通信量20Gまで使えて、100Gに増やすことも可能、無料で5分通話し放題ができる。通話もできるし通信量もたくさんあるので非常にバランスの良いプランだと思います。結構な人にフィットするのではないでしょうか?

  • 安心のdocomo回線で20Gも使える
  • プラス1,980円(4,950円)で大盛り100Gまで使える
  • 5分までの通話は無料
  • Apple Watchを単体で使う事ができない
  • 低価格プランがない

au「povo」(基本料ゼロ円で自分に合った使い方ができる)

楽天モバイルがゼロ円プランがなくなって大量に難民が押し寄せたという「povo」ですが、私が思うに結構難しいプランです。

データ通信量がゼロの人は基本料金がゼロなので通話料金のみでお得ですね。通話トッピングが、5分550円と、かけ放題1,650円があるので、データ通信しなければ月額1,650円になる計算。通話のみの人にとっては最適プランなのでは?

逆にデータ通信する人にとってはなかなかややこしい。24時間使い放題330円、7日間で1Gまで使えるプラン390円と、私には使いどころがわからないトッピング。1ヶ月で1Gまで使えるのであれば魅力的だったのですが、7日間のみ。4回使うと1,560円。毎日1ヶ月使うのであれば結局30日で3Gまで使える990円になってしまう。

データの追加は、20G:2,700円、60G:6,490円、150G:12,980円と追加トッピングできますが、毎月たくさん使うのであればahamoの大盛りの方が圧倒的にお得ですよね。

通話オンリーの人向けのプランなのかなーと感じました。たまーにデータ通信する人には容易のではないでしょうか。

  • 基本料金ゼロ円
  • 使うデーター量を自分で設定できる
  • データ通信を滅多にしない人には良いプラン
  • 通話料金は別
  • スマホ使ってる人ならデーター使い放題、7日で3G制限のトッピングは逆にコスパ悪い
  • ややこしい

SoftBank「LINEMO」LINEで使う通信量が無料

月に3Gまで使える低額のミニプラン990円/税込みと多分ahamoを意識した20Gまで使えるスマホプラン2,728円/税込みの2プランから選べます。

オプションで5分以内の国内通話無料550円と国内無料通話1,650円がつけれます。

最大の魅力がLINEで使う通信量が加算されないということです。トーク・音声通話・ビデオ電話のデータ消費がゼロ。

LINEをメインに使っている人であればかなりお得なプランになりますね。

そしてLINEモバイルからLINMOに変更するとたくさんの特典があります。基本料1年間ゼロ円、5分間国内通話無料がゼロ円とかなりお得。

  • LINEで使うデータ通信が無料
  • 3Gと20Gの2プラン
  • 大容量プランがない

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」専用アプリで通話し放題

一台のみですが1Gまでゼロ円だった楽天モバイル。さすがに無理でこれからは3Gまで990円、無制限だと2,980円になりました。

通信量が3Gを超えると自動的20Gまで1,980円になりそれ以上だとMAX2,980円となります。契約をいちいち変えなくて良いので楽ですね。20Gで1,980円は大手キャリアでは最安。

専用アプリで国内通話無料なので、990円で国内電話通話し放題なのは最安ですね。間違えて専用アプリ以外でかけちゃうと料金が発生するので着信履歴からの掛け直すときに注意が必要です。

Androidでは専用アプリでやりとりすればSMSも無料。iOSでは料金が発生します。

私は家族で2回線契約しているのですが、料金プランが変更になっても国内通話かけ放題なので解約はしていません。990円でかけ放題は魅力的です。データも無制限に使えて上限2,980円はかなり安いと思います。

ただ、使ってみて繋がりにくい場所が結構あるので不便にも感じました。これから基地局を増やしてもらってもっと繋がりやすくなることを期待します。

  • 専用アプリで通話し放題
  • データ使用量で勝手に料金が変わる
  • 繋がりにくい
  • 基本料金ゼロプランが無くなった

今回「LINEMO」に決めた理由とは

今回なぜSoftBankの「LINEMO」にしたかというと、連絡はLINEがメイン。通話もしますが1ヶ月間10分もしないくらいです。なので唯一LINEの通信量が加算されないプランを選択しました。

楽天モバイルも惹かれていたのですが、現在2台契約していて、通話の繋がりにくさにストレスを感じる事がよくあったので今回は大手のSoftBankにすることにしました。

格安の「mineo」や「IIJmio」も考えました。数年MVNO、格安SIMを利用していて料金の安さが最大のメリットでした。現在大手も格安プランが出てきたので使い続けるメリットが薄れてきたので今回はやめました。約10年ぶりに大手に戻ることになりました。

使い方によって最適なプランがあります。表面上の安さだけを見て選択をしてしまうと損をしてしまいますよ。自分のスマホの使い方を検証し、慎重に最適なプランを選びましょう。

\ 検討している人はこちらからチェック /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる