映画レビュー「パシフィック・リム」熱いロボット映画

  • URLをコピーしました!
目次

たまにはロボット物見たいと思い購入

しょっぱなから怪獣とロボット戦。なかなか迫力があります。2人で操縦する変わった設定。

いろんなタイプのロボットが出てきます。感じ的にはちょっと違うけどジャイアントロボ、かすかな記憶しかないけどレッドバロンみたいな感じ。それか見たことないけど鉄人28号?怪獣たちとの熱い戦いが繰り広げられます。

登場人物も個性豊かでした。特に博士がいい味出していて面白かった。一番驚いたのが途中日本が出てきて誰もが絶対見たことある子役。芦田愛菜ちゃんが出てきたこと。すげー!ハリウッドデビューしてたんだー!!って叫んじゃいました。

 

ずっと見ていて結構時間経ったのに終わりそうにない。もしかしてこのまま「2」とかに持ち越すのか?と思ってたけど結局完結しました。かなりのボリュームです。夜中に見始めたので終わったの午前2時頃。。。寝不足です。

 

【良かった点】

  • いろんなタイプのロボットがいい
    男心をくすぐります。
  • 登場人物がよい
    なかなか個性的で好きでした

【悪かった点】

  • 怪獣のバリエーションを増やして欲しかった
    同じような怪獣ばかりだったので残念です。
  • 他のロボットももう少し活躍して欲しかった
    個性的なロボットがいるのにそれを活かす時間が足りなかったですね。残念。
  • 画面が全体的に暗い
    海での戦闘がメインなのでちょっと暗くて分かりにくかったかな。

 【総評】

熱いロボット映画です。ロボット好きのおっさんの自分にがどストライクでした。できればいろんなタイプのロボットの活躍を見せて欲しかった。テレビドラマなら掘り下げれたと思うけど映画だと時間的制約があるので難しいですね。次回作に期待です。

総合評価(8.6/10)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる